不妊治療を諦める前にしたいこと

不妊治療を諦めてしまう人は多い!?

不妊治療に励む女性は、日本でもとても多いものです。しかし、何年も不妊治療を試みても、なかなか子供を授からないという方も、決して珍しくはありません。

人によっては、7年間も不妊治療に励んだものの、子供に恵まれず、治療を断念してしまったという方もいます。道のりは長い上に、授かるか授からないか分からないという、目途が立たない治療である事からも、不妊治療は挫折しやすい治療だと言えるでしょう。

不妊治療には費用もかかりますし、身体の負担も大きく、決して医師に任せていればうまくいくという保証もないので、簡単で楽とは言えず、険しい道となります。

産婦人科の医師の判断で、薬物治療や人工授精、体外受精など、複数の治療法を試みなければいけない場合もあるでしょう。一人で悩まず埼玉 不妊治療ひきま鍼灸院にご相談ください。

しかし、それでも治療がうまくいかない事もあり、挫折してしまうカップルは多いよう。でも、医師の指示通りに動くだけではなく、ご自分でも不妊に効くと言われる事を自分なりに実行してから諦めるようにしてみてはいかがでしょうか。

子宮を温める。

子宮の血行が悪いと、赤ちゃんができにくいと言われています。言い換えれば、子宮を温めれば、赤ちゃんは授かりやすいのです。

子宮を温める方法として、おすすめなのは「ヨモギ蒸し」です。ヨモギ蒸しって何だか大袈裟に聞こえますが、実は簡単。ご自宅でも簡単にできてしまいます。

ドラッグストアでも販売されているので、購入しやすいです。是非チェックしてみて下さいね。

食べるものに気を付けて!

Rice varieties, wheat, brown rice, black jasmin rice in white bo

不妊の方は、ひょっとしたら食べるものが影響しているのかもしれません。例えば、普段からよく「マーガリン」を食する方は、要注意。マーガリンは不妊になりやすい食材とされています。

そのわけは、マーガリンに含まれる「トランス脂肪酸」です。このトランス脂肪酸は、排卵障害を引き起こすと言われています。

トーストを食べる時に、いつもマーガリンを使っている方は、控えるようにしてみて下さい。また、不妊治療についての知識は不妊治療情報館も是非参考にしてください。

免責事項(めんせき じこう)

本サイトは、不妊(未妊)に悩む方々への情報提供およびそれらの症状で悩む方の助けになりたいと願う医療機関をつなぐサービスを主目的としております。治療に関するご相談は受け付けておりません。

また、内容には万全をきしておりますが、素人の体験談なども含まれています。内容によるトラブルなどは責任を負いかねますので、自己判断はせず、必ず、医師・専門家の指示を仰いで下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ